カテゴリ:僕の住む町 八幡市( 1 )

八幡市について

e0133891_1519327.gife0133891_15194620.gife0133891_15224630.gif
 今日は、私の住む町「京都府八幡市」についてちょっとした解説をしたいと思う。
八幡市は場所としてはちょうど京都と大阪の中間地点に位置している町。昔は京都から奈良へ向かう高野街道として親しまれていた。しかし、昭和35以降住宅開発が急激に進み、人口が急増、京都と大阪を行き来するためのベットタウンと化してしまった。一方で、八幡市には八幡山という山に石清水八幡宮という神社がありその周辺には豊かな自然が多く残っている。さらに、国内で唯一三つの大きな河川が合流している場所としても有名であり(木津川、宇治川、桂川)、郊外には広々とした田園も広がっている。私はこの開発と歴史、自然がつかず離れず混沌としている場所で生まれ育ってきた。今思えば、とても不思議な場所だと思う。
 さて、この場所で私は町に生える草「まちくさ」を観察することにした。それがこれからどういう展開をみせていくのかはわからないが、今、一つ確信しているのは、町の隙間をぬって生えてくる草たちを見ていくことで、その町の形態、流動する町の動きを少しでも垣間見ることが出来るのではないか、ということだ。そういう意味では、私の住むこの八幡市という町は、絶好の場所なのかもしれない。
[PR]
by machikusa | 2008-02-12 15:10 | 僕の住む町 八幡市