カテゴリ:2008年2月のクサ( 17 )

じてんしゃ

e0133891_10362791.jpgどれくらいの月日がたったのだろう。草たちは人が作り出した自転車という道具を自分たちのもとに取り込み、自然に還そうとする。この場所、自転車にとっても結構居心地いいのかも。いつか、自転車が緑に覆われる日まで、観察していたい。
[PR]
by machikusa | 2008-02-29 10:42 | 2008年2月のクサ

流れ

e0133891_1032065.jpg久々のアップです。この場所は、近所にある山のふもとの路地。壁から流れ出ているのは山水?ではなく、草の流れ。草も水と同じ様にこういう流れを持っている。(真似てる?)それにしても、場所としてもあまりにも自然すぎて気づかないところだった。
[PR]
by machikusa | 2008-02-28 10:08 | 2008年2月のクサ

さんかく

e0133891_11241685.jpge0133891_11242950.jpg人がきっちりと整備をした町の歩道。そこに生える草はその人が作った「型」にみったりとはまって生えてくる。それが「カタクサ」。この2種類のカタクサは、三角の型にぴったりとはまっている。町の中で、こういう草が記号みたいな役割をもってくるとおもしろいんじゃないか。方向指示記号とか、立ち入り禁止記号とか。いってみりゃ草の看板。
[PR]
by machikusa | 2008-02-24 11:31 | 2008年2月のクサ

樹木

e0133891_11441344.jpgこの写真は、地面からわずか15cmくらいの高さで撮影したものである。なんでもない近所の路地に、絵本にでも出てきそうな小さな小さな「樹木」がどっしりと腰を下ろしていた。樹齢何百年くらいたつんだろう?もしも自分が小人になったら、この木の下で昼寝でもしたいな。素直にそう思った。苔も生えてて気持ちよさそうだし。
[PR]
by machikusa | 2008-02-23 11:48 | 2008年2月のクサ

おかえり

e0133891_11384195.jpgここは、とあるアパートの上がり階段の一部である。階段のすぐ下に目をやると、そこには小さな穴が。そしてその中からひょっこりと草たちが顔を出していた。まるで、遅くまで親の帰りを待っていた子どもたちのようなかわいらしさがある。「ただいま」そう言ってしまいそうだ。草のmy home。
[PR]
by machikusa | 2008-02-23 11:42 | 2008年2月のクサ

バクソウ

e0133891_933466.gifこの草はどうやら噴火してしまった様子。草の爆弾。草たちがこの場所に大量に集中して、その爆発が歩道や道路にまで飛び出そうとしている。
[PR]
by machikusa | 2008-02-22 09:37 | 2008年2月のクサ

ボタン

e0133891_10549100.gifこのボタン、触ったらめちゃくちゃ気持ちいい。家に持って帰って一日中触り続けたくなる。みなさんも発見したら、一度おためしあれ。
[PR]
by machikusa | 2008-02-21 10:09 | 2008年2月のクサ

つなぎソウ

e0133891_9584130.gif昨日、愛用している鞄のボタンが、何かの弾みに引っかかって取れてしまった。そうなると、急にその鞄は使いづらくなる。ぼくらの世界はいろいろなものが「接着」されて成り立っているんじゃないだろうか?それは、隙間を埋めるということでもあり、つじつまを合わせる、ということでもある。この草は町の隙間をうまく接着している。それで成り立っている。
[PR]
by machikusa | 2008-02-21 10:04 | 2008年2月のクサ

噴火しソウ

e0133891_1131408.gifコンクリートの内側から草の火山が噴火寸前!今にも爆発しそうだ。しかも二カ所。この草の前ではとにかくコンクリートの負荷圧力など無意味らしい。ちなみにこの周辺一帯はこういう噴火ソウが大量に発見できた。噴火地帯。ちなみにこの場所は、ゆるりとした団地群の一角である。
[PR]
by machikusa | 2008-02-20 11:34 | 2008年2月のクサ

井戸端会議

e0133891_0194511.gif昔、「井戸端会議」というものがあった。井戸端などで、近所の女性たちが水くみや洗濯などをしながら、人のうわさや世間話をする、いわゆる地域のコミュティとしての一つの形である。そういえば、そういう風景はめっきり見なくなってしまった。そんな時、ある家の玄関前にこんな草の集まりを見た。同じ種類の草たちが井戸端、ではなくマンホールを囲んでなにやら話し合っているように見える。背の高いものから低いものまで、全員集合といったところだろうか。草の世界の井戸端会議。私たちはどうだろう。
[PR]
by machikusa | 2008-02-19 00:30 | 2008年2月のクサ