<< 赤いゆびさき ぜっけいぜっけい! >>

観る、ということ。

こんな話を聞いた。
生まれてまもない赤ん坊が母親の母乳をのんでいる時、
ふとのむのをやめ、母親をじっと見つめる。
母親も赤ん坊をじっと見つめる。
この時、母親と赤ん坊は一つになる。

と言った話。

これが究極の「観る」ということではないか?

まちくさを「観る」
まちくさと一つになる時、まちくさの世界自体に自分が入り込み、
その世界を自由に行き来できる。
まちくさに対して自分が何か関わりをもった時、
やはりそのまちくさと自分が「観る」「観られる」という関係を
もつことになる。

それが深いほど、おもしろいことが起こる。

「観る」ということ
「一つになる」ということ。

そんな目を、人間誰しもが必ずもっているんだ。
[PR]
by machikusa | 2010-11-09 22:23 | 博士の思草
<< 赤いゆびさき ぜっけいぜっけい! >>