<< 4月18日 水の国、熊本 4月16日 町の姿 >>

4月17日 表現のはじまり

今日の天気は曇り。
鹿児島を後にし、午後2時に熊本県に到着。
今日から4日ほど熊本に滞在する予定だ。

まずは近くの本屋に立ち寄り、熊本に関する書籍を読みあさる。
知識を入れるのではなく、その土地における歴史や背景から
キーワードとなる言葉を引っぱり出し、自分の中に蓄積させておく。
そうやってまずはなんとなく全体像を把握した上で、町に入っていく。

ここまでの旅を終え、実感を持ってわかってきたこと。

それぞれの町が持つ歴史や文化を、まずは自分の中に放り込み、
それを持って今ある町を歩き、まちくさを見ていくことで、
自分なりの表現が絞り出されてくるということ。

自分の視点や感性、表現というのは、
"環境"にすごく影響を受けるものだと思う。
それは良くも悪くも、自分自身を映しだす鏡になる。

旅先を歩き、人と出会い、その町に影響を受けていくこと。
それが今、まちくさの表現に直結している。
e0133891_20545170.jpg

[PR]
by machikusa | 2013-04-17 20:56 | 日本まちくさの旅日記
<< 4月18日 水の国、熊本 4月16日 町の姿 >>