<< 9月28日 歩調の感受性 9月26日 まちくさの舞台 >>

9月27日  思いのめぐりあわせ

今日の天気は快晴。
涼しげな風と陽射しが心地よく、まさに散策日和だ。
朝から高速バスに乗り、仙台から山形県へと移動する。
10時に山形へ到着すると、さっそく歩き出す。まずは山形城跡を
訪れ、民俗資料博物館などの資料展示を見物すると、そのまま
より町の深いほうへと足を進める。少しあるく行くとレトロな路地へと
差しかかり、町の様相がガラリと変化する。
居酒屋やパブの個性豊かな看板は外から眺めているだけでも
中の様子が妄想できるのが楽しい。看板に込められているのは
「ユーモア」という名の、人の温もりや情緒なのだろう。

途中、県立図書館で休憩をとる。旅の中では1日のうち長時間の
散策となるため、公園や喫茶店、図書館などで休憩をとることが多い。
図書館は休憩だけでなく、情報収集にもなるのがよい。館内のチラシを
見たり、地域ごとの郷土本を探ったりする。
さらに、図書館でふと目にとまった本を開いてみると
それがまさに今自分が考察していることを言い表す内容が書いてあったりする。
旅先の図書館ではそんな一期一会があり、おもしろい。

頭の中で強い"イメージ"をしていれば、そのイメージと近い現実に
出会えるのかもしれない。それは町を歩いていても同じこと。
歩きながら空っぽにした頭の中に"イメージ"のかたまりを放り込んでいく、
その繰り返しをしていると、ふとした時に思っていた通りの出会いがある。
それは奇跡でなければ偶然でもなく、
"思い"のめぐりあわせのようだ。
そうやって、まちくさとも出会ってきたんだ。

e0133891_20333521.jpg
「怪獣のプロポーズ」山形市内
e0133891_20343534.jpg
「一杯の森」山形市内


e0133891_2035397.jpg
沿線越しに山形の町をのぞむ

e0133891_2036692.jpg
山形の武将「最上義光公」の像 山形市霞城(かじょう)公園内

e0133891_2037551.jpg
「平成」というお店の掲示板?が斬新  山形市内
[PR]
by machikusa | 2013-09-27 20:40 | 日本まちくさの旅日記
<< 9月28日 歩調の感受性 9月26日 まちくさの舞台 >>